夏休みの短期留学って行く意味がない???

今年もたくさんの方から、
夏休みの短期についてのお問合せやお申込みをいただきました。

そちらについてはまた別で書きますね。

毎年、ご興味のある方とお電話や対面でお話させていただくのですが、

結果、

参加されない理由は主に以下のような理由ですが
ほとんどが学校絡みなんです。

・部活が休めない
・補習がある
・学校行事がある、準備がある
・習い事の発表会がある
・先生に行くな、と言われた
などです。

一番多いのが 部活動!!!

その内容は

・試合の日程が。。。
・先輩に行くな!と脅された。。。
・先生にいい顔されなかった。。。
・あなたが抜けるとチームワークどうなるの?。。。
・先輩も行くのを諦めたんだから。。。

などなど。と、理不尽な理由ばかりです。

プロを目指していて、
この夏休みのコンクールや試合に人生がかかっている!

ということであれば、部活動も大事ですけどね。。。でもね、
高校生活や人生って部活動だけじゃないと思うのですよね。

せっかく長い時間の取れる夏休みに、
今しか行けない短期留学する事って、
それはそれは貴重な事なんです!!!

短期留学も含めた留学を
高校生までにさせるというのは、
とても重要な体験です。

中でも学校の先生に言われた、という一言は

『短期留学なんて行く意味がない、留学じゃないでしょ。』

だそうです。。。

短期留学はその後長期で留学を考えている人のためのお試しに
ちょうど良いプログラム。

短期留学でホームステイや学校生活、
海外での滞在を少しでも体験していれば

大体の留学生活が予測できたり
事前に準備することや
心構えも違って来ます。

たった数週間の短期留学で体験したことは
帰国してからの勉強の仕方や生活などを
見直すきっかけにもなります。

参加された生徒さんのその後の進路は
とても素晴らしいです。

短期留学はそんな未来のビジョンが
ぎゅっと詰まった貴重なプログラムなのですね。

そこで得た体験や経験はその後の進路を決める
上でも非常に有効なわけがあるんです。

体験談のページで参加された生徒さんや
保護者の方からのご感想を載せて降りますので
ぜひご覧くださいね。

参加された生徒さんのその後の進路については
また書こうと思います。