オーストラリア夏休み短期留学 体験談 〜3週間のホームステイ&現地の学校通学〜高校1年生女子

私がこのホームステイプログラムに参加してみない?と母に勧められたのは私がまだ中学3年生の頃でした。

 

その頃の私は、海外へ一人で行かなければならないということに対する不安から、参加に対して少して消極的でした。しかし、日本を発つ日が近づくにつれ、その不安は楽しみ好奇心へと変わっていきました。

1日と数時間という長い旅路の末に着いたマッカイ空港であの緊張感、そして新たな環境への期待は今でも覚えています。どんなホストファミリーかな?私はちゃんと馴染めるかな?そんな気持ちでいっぱいでした。そんな日から始まった私の3週間のホームステイ。その日々は、私にとっても充実した幸せな気持ちでした。

私は滞在の中での1番の思い出というものをどうしても決めることができません。

なぜなら素敵な思い出がありすぎて、つまらない時間なんてほとんど無かったからです。

休日に○○ちゃんの所のホストファミリーと私のホストファミリーとで行ったナショナルパーク、Cape Hillsdoroughではたくさんのことをしました。海辺の散歩や岩登り、海で泳いだり、サーフィンのようなことをしたり、釣りをしたり、BBQをしたり、フリスビーをしたり、そして野生のカンガルーと触れ合ったり・・・・時間が経つのがとても早くてあっという間に一日が終わりました。とても綺麗な海で驚きました。また、カンガルーと触れ合えるなんて思ってもいなかったのでとても貴重な経験となりました。他にもイチゴ狩り(日本と違って摘んだら後で食べれるスタイル)やローラースケート(初めてだったのでたくさん転びました)、回転ずしに行ったり(カルフォルニアロールを食べてみたらなかなか美味しかった)ケートのJapanese Speech Contestへ出かけたり(なんと優勝!!)しました。

また、Holy Spirit Collegeで現地の友達と過ごした日々も私の大切な思い出です。

 

生徒の子供達はみんな明るくてフレンドリーですぐに友達がたくさんできました。Sports FestivalやJapanese Festivalも最高でした(^^)/。Mackayでの思い出は書ききれません。家でのホストファミリーと過ごした何気ない一時だって私にとっては宝物で楽しかったからです。

私がお土産を買うために、たくさんのお店へ車を走らせてくれて本当に申し訳なかったけれどそれでも「全然平気だよ!」と笑顔で言ってくれるほど親切で面白いChris、作ってくれたカップケーキは今までで一番美味しくて私にたくさんの経験をさせてくれたお母さん Jane、猫のDuchessと遊ぶ時の笑顔が素敵で、優しいConnor、そして私のそばにいつもいてくれて支えてくれて大好きなKate、このような素晴らしいホストファミリーに受け入れていただき、私はとても幸せだった。

別れるのはとっても辛くてなかなか立ち直ることができず、二度の飛行機で涙が止まりませんでした。

 

でも『Every hour we spent together,live within my heart.』(トイストーリー)の言葉通り、私が一緒に過ごしたキラキラな日々はいつまでもこれからもずっと私の心の中にあるので前向きに進んでいけそうです。
このホームステイを通して生きた英語を学べただけでなく、仲間と協力し支え合うことの素晴らしさも強く実感しました。参加して本当に良かったです。また海外へ旅立ちたいです。

素敵な出会いと素晴らしい思い出を有難うございました。

Untitled