無料個別相談会♡よくあるご質問から〜ワーキングホリデーは”幸せな未来の自分”へのパスポート!

ワーキングホリデーについての個別カウンセリングで
私に相談される内容で、まず一番に挙げられるのが

『どこの国にいこうか?』ということ。
その次が
『仕事はありますか?できるようになりますか?』
という内容です。

ワーキングホリデー制度の協定国は
オーストラリア・ニュージーランド・アイルランド・ドイツ・
ノルウェー・台湾・ポーランド・スロバキア・ハンガリー・
カナダ・イギリス・フランス・デンマーク・韓国・
ポルトガル・オーストリア・スペイン
18カ国もあります!

日本人に人気なのは
オーストラリア・ニュージランド・カナダの3カ国です。

この中から、どこの国に行くのかを決めるのが
ワーキングホリデーに参加する第一のポイントです。

行き先を決める理由は
・すでにワーキングホリデーに参加した人の話を聞いて決める
・人気の国だから
・以前からその国が好き、興味がある
・その国でやってみたいことがある
・その国の語学を勉強しているから
・治安が良い
・友達、知人が行った(行っている)

などです。

私がカウンセリングする生徒さんで
明確な理由がある生徒さんはほとんどいないです。
なんとなくのイメージで行こうとされる人が多いです。。。

『仕事ができるか?できるようになるのか?』
それは残念ながら簡単ではありません。

ワーキングホリデー制度は、
18歳から30歳までの人が、
ワーキングホリデー協定を結んだ国に1〜2年の滞在中
就学・旅行・就労しながら生活できる制度です。
この中のワーキングという言葉から
ワーキングホリデー = 働く
というイメージがあるからでしょう。

しかし、語学力がままならない状態での雇用はまずあり得ません。
雇用者情報を調べる、雇用条件を確認する、英文履歴書を書く、面接する。。。
これらがスムーズにいかなければ、雇用されるのは難しいでしょう。

 

 

これまで実際に、私のところには
すでにワーキングホリデーで海外に滞在している人(私の生徒さんではない)から
ワーキングホリデーでうまくいかない
どうしたらいいのかわからないという相談もあります。

ではどうやって行き先を決めるのか?
うまく行くためにどうしたらいいのか?

この答えは1つではなく、その人それぞれに違うのです。
ですから、個別相談会でお話させていただきたいのです。

ぜひ私に会いにきてくださると嬉しいです♡